W杯総合Vも…高梨沙羅の平昌金に“危険ジャンプ台”の不安

公開日:

 ソチの借りを平昌で返せるか。

 18年平昌五輪のテスト大会を兼ねたW杯ジャンプ女子個人第17戦の高梨沙羅(20)は、1回目に97.5メートルを飛んでトップに立つも、2回目は94メートルと距離が伸びず、合計224.9点で2位。男子のグレゴア・シュリーレンツァウアー(オーストリア)が持つW杯ジャンプ53勝の歴代最多勝利記録は持ち越しとなったが、ちなみに、2季連続4度目の総合優勝は決めた。優勝は1回目2位の伊藤有希(22)が、逆転で今季4勝目を挙げた。

 この日の優勝を伊藤に譲った高梨は、女子選手の中でも飛び抜けて身長が低い152センチ。それでも女王の座に君臨しているのは、ポーランドの英雄アダム・マリッシュを参考にしているからだという。スキー関係者が言う。

「マリッシュはW杯39勝、総合優勝4回、世界選手権金4、五輪では銀3、銅1などの素晴らしい成績を残したが、男子の中では169センチとかなり小さかった。好成績を出し続けることができたのは、筋力トレーニングで力強い踏み切りを習得したからです。高梨の父は小柄なマリッシュのジャンプを徹底的に研究し、ジャンプ台から飛び出して最高点までのスピードをいかに速くするかにこだわった。そのため高梨は、今でも下半身のトレーニングに力を入れています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る