• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

合宿で実戦練習ゼロ 侍Jは小久保監督をどう“操縦するべき

「打者が全然、振れてない。振れていてタイミングが合わないならまだしも、みんな差し込まれている。これでは本番でも打てる気がしないね」

 侍ジャパンの打線について、監督経験のある大物球界OBは懸念の声を上げていた。

 25日に行われたソフトバンクとの強化試合で4安打完封負け。貧打が露呈したWBC日本代表は合宿最終日の26日、打撃練習後に秋山(西武)が何百球も打ち込むなど特打を行い、調子を取り戻そうと必死だった。

「いくら選手個々がオフの早い時期から体を仕上げ、調整を所属チームに任せたといっても、実戦で打席に立つのはせいぜい20打席程度。それだけで実戦感覚が取り戻せるはずがない」とは前出のOB。評論家の山崎裕之氏も、「代表に選ばれた選手たちは、WBC用に例年以上に早く仕上げているつもりでも、まだ、生きたボールへの対応が遅れているのでしょう。中田あたりは上体に力が入り過ぎていて、力みが目立ちます」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る