合宿で実戦練習ゼロ 侍Jは小久保監督をどう“操縦するべき

公開日:

「打者が全然、振れてない。振れていてタイミングが合わないならまだしも、みんな差し込まれている。これでは本番でも打てる気がしないね」

 侍ジャパンの打線について、監督経験のある大物球界OBは懸念の声を上げていた。

 25日に行われたソフトバンクとの強化試合で4安打完封負け。貧打が露呈したWBC日本代表は合宿最終日の26日、打撃練習後に秋山(西武)が何百球も打ち込むなど特打を行い、調子を取り戻そうと必死だった。

「いくら選手個々がオフの早い時期から体を仕上げ、調整を所属チームに任せたといっても、実戦で打席に立つのはせいぜい20打席程度。それだけで実戦感覚が取り戻せるはずがない」とは前出のOB。評論家の山崎裕之氏も、「代表に選ばれた選手たちは、WBC用に例年以上に早く仕上げているつもりでも、まだ、生きたボールへの対応が遅れているのでしょう。中田あたりは上体に力が入り過ぎていて、力みが目立ちます」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る