• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

伊藤有希が大ジャンプ 世界選手権混合団体は銅メダル

 ノルディックスキーの世界選手権(フィンランド・ラハティ)は26日、男女2人の計4人で争うジャンプ混合団体(ヒルサイズ=100メートル)を行い、日本は979.7点で3位。同種目では3大会連続でメダルを獲得した。

 日本は1回目、1番手の高梨沙羅、2番手の竹内択がともに不利な追い風を受けながら、90メートル、89メートルと健闘。続く伊藤有希がK点(90メートル)越えの95メートルをマークすると、4番手伊東大貴は92.5メートルを飛んで3位に付け、2回目も揃って安定した飛躍を披露し、メダルを確保した。優勝は1035.5点のドイツ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

もっと見る