“かけ込み補強”もOK…ラグビーTLは集客面も助っ人頼み

公開日:  更新日:

 来季は日本のラグビー界に豪州やニュージーランド代表クラスの選手が大挙して押し寄せそうだ。

 30日、日本ラグビー協会は来季(17-18年)のトップリーグ(TL)の大会方式などを発表。16チームを2組に分け、レギュラーシーズン、順位決定トーナメントも含めて計15試合が行われる。2月開幕のスーパーラグビー・サンウルブズの日程を優先して今年8月18日に開幕し、1月中旬に全日程が終了する。

 TLの外国人登録方法も変更され、6月末だった期限が、来季からは試合の2週間前までに緩和された。レギュラーシーズンに1試合でも出場すれば、順位決定トーナメントでも起用できるため、上位進出を狙うチームによるシーズン終盤のかけ込み補強が増える可能性もある。

 15年W杯、昨夏のリオ五輪男子7人制の躍進で、TLでのプレーを希望する強豪国の代表クラスの選手は少なくない。オフシーズンの南半球(ニュージーランド、豪州、南ア)の選手たちはレベルの高いTLでのプレーはトレーニングの一環にもなるためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る