日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“かけ込み補強”もOK…ラグビーTLは集客面も助っ人頼み

 来季は日本のラグビー界に豪州やニュージーランド代表クラスの選手が大挙して押し寄せそうだ。

 30日、日本ラグビー協会は来季(17-18年)のトップリーグ(TL)の大会方式などを発表。16チームを2組に分け、レギュラーシーズン、順位決定トーナメントも含めて計15試合が行われる。2月開幕のスーパーラグビー・サンウルブズの日程を優先して今年8月18日に開幕し、1月中旬に全日程が終了する。

 TLの外国人登録方法も変更され、6月末だった期限が、来季からは試合の2週間前までに緩和された。レギュラーシーズンに1試合でも出場すれば、順位決定トーナメントでも起用できるため、上位進出を狙うチームによるシーズン終盤のかけ込み補強が増える可能性もある。

 15年W杯、昨夏のリオ五輪男子7人制の躍進で、TLでのプレーを希望する強豪国の代表クラスの選手は少なくない。オフシーズンの南半球(ニュージーランド、豪州、南ア)の選手たちはレベルの高いTLでのプレーはトレーニングの一環にもなるためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事