日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

レジェンド葛西紀明 1年ぶり表彰台は“神風と技術”の賜物

「やりました!!」

「やっちゃいました!!」

「まさかの表彰台!!」

 と、自身のブログでも大はしゃぎだったのが、ノルディックスキーW杯ジャンプで久々の2位に入った葛西紀明。19日にノルウェーのビケルスンでフライングヒルによる個人第24戦(ヒルサイズ=HS225メートル)で、約1年ぶりの表彰台に立った。1回目に239・5メートルで5位につけると、2回目に241・5メートルのビッグジャンプで、自身が持つW杯最年長表彰台記録を44歳9カ月に更新した。

 W杯のジャンプ台は3種類あり、踏み切り台(カンテ)の先端から着地点の終点までの距離(ヒルサイズ=HS)によって分類される。五輪種目のノーマルヒル(85メートル~109メートル)とラージヒル(110メートル以上)に比べ、フライングヒルは185メートル以上もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事