日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

打撃力は確実成長も…スカウトが逡巡する早実清宮の脆さ

「仮に今年、プロ志望届を出したら? 話題性込みでようやくドラ1かな。でも、うーん……」

 ネット裏のあるスカウトがこう言って首をひねる。2回戦で敗退した、早実(東京)の清宮幸太郎(3年)のことだ。15年夏は1年生ながら2本塁打を打ち、ド派手な甲子園デビューを飾った。あれから2年、成長の跡はあったのか。日本ハムの山田スカウト顧問は「高校時代の大谷を彷彿させます」と、こう話す。

「大谷が甲子園で三直を放った時は、バットの軌道が分かりづらかった。トップの位置から無駄な動きがなく、最短距離でバットが出ていたからです。清宮もそういったスイングをする。もともと、選球眼の良い打者。1年時と比べればフォロースルーが大きくなり、中堅から左翼、反対方向への打球も増えている。成長しているのは間違いありません」

■早大進学も選択肢

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事