• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

打撃力は確実成長も…スカウトが逡巡する早実清宮の脆さ

「仮に今年、プロ志望届を出したら? 話題性込みでようやくドラ1かな。でも、うーん……」

 ネット裏のあるスカウトがこう言って首をひねる。2回戦で敗退した、早実(東京)の清宮幸太郎(3年)のことだ。15年夏は1年生ながら2本塁打を打ち、ド派手な甲子園デビューを飾った。あれから2年、成長の跡はあったのか。日本ハムの山田スカウト顧問は「高校時代の大谷を彷彿させます」と、こう話す。

「大谷が甲子園で三直を放った時は、バットの軌道が分かりづらかった。トップの位置から無駄な動きがなく、最短距離でバットが出ていたからです。清宮もそういったスイングをする。もともと、選球眼の良い打者。1年時と比べればフォロースルーが大きくなり、中堅から左翼、反対方向への打球も増えている。成長しているのは間違いありません」

■早大進学も選択肢

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  5. 5

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  6. 6

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

  9. 9

    手当削減で高給に陰り…セールスポイント失った銀行の惨状

  10. 10

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

もっと見る