肖像権は水連に 競泳リオ銅メダル瀬戸大也“セミプロ”宣言

公開日: 更新日:

 29日、競泳・リオ五輪400メートル個人メドレー銅メダリストの瀬戸大也(22)が全日本空輸(ANA)との所属契約会見に臨んだ。

 2021年3月末までの4年契約。来月出場予定の日本選手権では、「ANA」のロゴが入ったジャージーを初披露する予定で、「CA(キャビンアテンダント)さんに応援に来てもらえるともっと頑張れます」とニヤニヤが止まらなかった。

 しかし、自身の「肖像権」は日本水泳連盟に残すことを決めたため、完全な「プロ」とは言えず、この日も「肖像権を外せばプロといえる。ってことは、僕はセミプロ? アスニート(アスリートとニートを合わせた造語)?」と報道陣に逆質問。自身の微妙な立場に苦笑するしかなかった。

 これまでプロだなと思った選手を聞かれると、「(日本ハムの大谷)翔平。オフシーズン、焼き肉に行ったときはご飯を食べず、サプリメントを持参してその場で飲んでて。僕なんて家に帰ってから飲むのに……。そういう競技に対する姿勢に、僕はまだ一流じゃないなと思った」と話した瀬戸。2億7000万円を稼ぐ同い年の「プロ」野球選手に追いつくのは大変だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  8. 8

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る