日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

肖像権は水連に 競泳リオ銅メダル瀬戸大也“セミプロ”宣言

 29日、競泳・リオ五輪400メートル個人メドレー銅メダリストの瀬戸大也(22)が全日本空輸(ANA)との所属契約会見に臨んだ。

 2021年3月末までの4年契約。来月出場予定の日本選手権では、「ANA」のロゴが入ったジャージーを初披露する予定で、「CA(キャビンアテンダント)さんに応援に来てもらえるともっと頑張れます」とニヤニヤが止まらなかった。

 しかし、自身の「肖像権」は日本水泳連盟に残すことを決めたため、完全な「プロ」とは言えず、この日も「肖像権を外せばプロといえる。ってことは、僕はセミプロ? アスニート(アスリートとニートを合わせた造語)?」と報道陣に逆質問。自身の微妙な立場に苦笑するしかなかった。

 これまでプロだなと思った選手を聞かれると、「(日本ハムの大谷)翔平。オフシーズン、焼き肉に行ったときはご飯を食べず、サプリメントを持参してその場で飲んでて。僕なんて家に帰ってから飲むのに……。そういう競技に対する姿勢に、僕はまだ一流じゃないなと思った」と話した瀬戸。2億7000万円を稼ぐ同い年の「プロ」野球選手に追いつくのは大変だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事