肖像権は水連に 競泳リオ銅メダル瀬戸大也“セミプロ”宣言

公開日:  更新日:

 29日、競泳・リオ五輪400メートル個人メドレー銅メダリストの瀬戸大也(22)が全日本空輸(ANA)との所属契約会見に臨んだ。

 2021年3月末までの4年契約。来月出場予定の日本選手権では、「ANA」のロゴが入ったジャージーを初披露する予定で、「CA(キャビンアテンダント)さんに応援に来てもらえるともっと頑張れます」とニヤニヤが止まらなかった。

 しかし、自身の「肖像権」は日本水泳連盟に残すことを決めたため、完全な「プロ」とは言えず、この日も「肖像権を外せばプロといえる。ってことは、僕はセミプロ? アスニート(アスリートとニートを合わせた造語)?」と報道陣に逆質問。自身の微妙な立場に苦笑するしかなかった。

 これまでプロだなと思った選手を聞かれると、「(日本ハムの大谷)翔平。オフシーズン、焼き肉に行ったときはご飯を食べず、サプリメントを持参してその場で飲んでて。僕なんて家に帰ってから飲むのに……。そういう競技に対する姿勢に、僕はまだ一流じゃないなと思った」と話した瀬戸。2億7000万円を稼ぐ同い年の「プロ」野球選手に追いつくのは大変だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る