プロ転向の内村航平 新技「ウチムラ」開発を阻む新ルール

公開日: 更新日:

 日本体操界初のプロ選手となった内村航平(28)。7日に開幕する全日本体操競技選手権大会(東京)では10連覇をかけ、プロとして初めての大会に臨む。

 今年3月に所属契約した「リンガーハット」のユニホームもお披露目の予定。リンガーハットとの契約は東京五輪翌年の2021年12月まで。契約金は非公開だが、「(4年10カ月間で)総額4億円の金額に変動はなく、出来高などはない」(リンガーハット関係者)という。内村にとって東京五輪での金メダルは「目標」ではない。頂点が当たり前の「仕事」である以上、出来高を要求するのも難しいのかもしれないが、それではプロとしてモチベーションも上がらないだろう。

 残された“希望”は新技「ウチムラ」だ。リオ五輪男子団体金メダルメンバーの中で、技に自身の名前が付いていないのは内村だけ。白井健三、加藤凌平、田中佑典、山室光史はいずれも自分の名前がついた技を持っている。2月には「東京五輪までの道のりの中で、1つくらいは(新技が)欲しい」と開発に意欲を見せていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    深キョンもびっくり?田中みな実キャラ変で絶好調の新境地

  3. 3

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  4. 4

    正直大変…水野美紀さんはまともに目を合わせるとヤラレル

  5. 5

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  6. 6

    「ルパンの娘」深キョン祖母役 59歳・どんぐりって誰だ?

  7. 7

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  8. 8

    組織委が責任逃れ 東京五輪は“死のボランティア”も現実に

  9. 9

    巨人はグラリ…ドラ1指名は大船渡・佐々木か星陵・奥川か

  10. 10

    大船渡・佐々木朗希は「U18日本代表を辞退すべき」の根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る