日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プロ転向の内村航平 新技「ウチムラ」開発を阻む新ルール

 日本体操界初のプロ選手となった内村航平(28)。7日に開幕する全日本体操競技選手権大会(東京)では10連覇をかけ、プロとして初めての大会に臨む。

 今年3月に所属契約した「リンガーハット」のユニホームもお披露目の予定。リンガーハットとの契約は東京五輪翌年の2021年12月まで。契約金は非公開だが、「(4年10カ月間で)総額4億円の金額に変動はなく、出来高などはない」(リンガーハット関係者)という。内村にとって東京五輪での金メダルは「目標」ではない。頂点が当たり前の「仕事」である以上、出来高を要求するのも難しいのかもしれないが、それではプロとしてモチベーションも上がらないだろう。

 残された“希望”は新技「ウチムラ」だ。リオ五輪男子団体金メダルメンバーの中で、技に自身の名前が付いていないのは内村だけ。白井健三、加藤凌平、田中佑典、山室光史はいずれも自分の名前がついた技を持っている。2月には「東京五輪までの道のりの中で、1つくらいは(新技が)欲しい」と開発に意欲を見せていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事