リーグでは低調 ドルト香川はCL第2レグで酷評払拭なるか

公開日:

 日本代表MF香川真司(28)の評価が、ここ1週間でエレベーターのように上がったり、下がったりの乱高下である。

 現地11日、香川が所属するドルトムントは、欧州CLの準々決勝モナコ(フランス)戦・第1レグ直前にチームバスがテロ攻撃に見舞われた。

 試合は翌日に順延となったが、爆発事件に巻き込まれた選手の精神的ショックをないがしろにするような欧州サッカー連盟(UEFA)の裁定にドルトムントのトゥヘル監督は怒り心頭。「この状況を言い訳にする気はないが、非常に気分が悪い」と不快感をあらわにする中、もっとも評価をアップさせた選手がいた。

 選手の大半が「(爆発事件の)夜は眠れなかった」とコメント。精彩を欠いて試合も2―3で負けてしまったが、1ゴール1アシストと孤軍奮闘のMF香川に高評価が相次いだのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

もっと見る