• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人戦がまた節目に ヤクルト由規が“お待たせ”の初勝利

投稿日:

「真っすぐでドンドンいこうと決めていた。野手の方に点をとってもらって、大胆にいくことができました」

 17日の巨人戦、ヤクルトの由規(27)が7回2安打無失点の好投で今季初勝利を挙げ、満面の笑みを見せた。

 最速は152キロ。10年に当時の日本人最速となる161キロをマークしたときのような剛速球はないが、ストレートや変化球のキレは十分だった。

■因縁の相手

 巨人相手の勝利は、実に2083日ぶり。由規にとって巨人戦は、不思議と節目がやってくる。新人年の08年、プロ初勝利を挙げたのは巨人戦。初黒星を喫したのもそうだった。7年前の巨人戦勝利は、今回と同じくその年の初勝利。そして、右肩故障前の一軍最後の登板となったのも、11年9月3日の巨人戦だ。

 11年はシーズン途中から右肩に違和感を抱えながら、投げ続けていた。チームは中日と優勝争いを繰り広げていたから、簡単に離脱するわけにはいかなかった。しかし、巨人戦でいよいよ右肩が悲鳴を上げた。当初は休めば治ると考えていたものの、実際はけん板を損傷する大ケガ。13年に右肩をクリーニング手術したこともあり、昨年、一軍に復帰するまで5年もの歳月を費やした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る