巨人戦がまた節目に ヤクルト由規が“お待たせ”の初勝利

公開日:

「真っすぐでドンドンいこうと決めていた。野手の方に点をとってもらって、大胆にいくことができました」

 17日の巨人戦、ヤクルトの由規(27)が7回2安打無失点の好投で今季初勝利を挙げ、満面の笑みを見せた。

 最速は152キロ。10年に当時の日本人最速となる161キロをマークしたときのような剛速球はないが、ストレートや変化球のキレは十分だった。

■因縁の相手

 巨人相手の勝利は、実に2083日ぶり。由規にとって巨人戦は、不思議と節目がやってくる。新人年の08年、プロ初勝利を挙げたのは巨人戦。初黒星を喫したのもそうだった。7年前の巨人戦勝利は、今回と同じくその年の初勝利。そして、右肩故障前の一軍最後の登板となったのも、11年9月3日の巨人戦だ。

 11年はシーズン途中から右肩に違和感を抱えながら、投げ続けていた。チームは中日と優勝争いを繰り広げていたから、簡単に離脱するわけにはいかなかった。しかし、巨人戦でいよいよ右肩が悲鳴を上げた。当初は休めば治ると考えていたものの、実際はけん板を損傷する大ケガ。13年に右肩をクリーニング手術したこともあり、昨年、一軍に復帰するまで5年もの歳月を費やした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る