• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人戦がまた節目に ヤクルト由規が“お待たせ”の初勝利

「真っすぐでドンドンいこうと決めていた。野手の方に点をとってもらって、大胆にいくことができました」

 17日の巨人戦、ヤクルトの由規(27)が7回2安打無失点の好投で今季初勝利を挙げ、満面の笑みを見せた。

 最速は152キロ。10年に当時の日本人最速となる161キロをマークしたときのような剛速球はないが、ストレートや変化球のキレは十分だった。

■因縁の相手

 巨人相手の勝利は、実に2083日ぶり。由規にとって巨人戦は、不思議と節目がやってくる。新人年の08年、プロ初勝利を挙げたのは巨人戦。初黒星を喫したのもそうだった。7年前の巨人戦勝利は、今回と同じくその年の初勝利。そして、右肩故障前の一軍最後の登板となったのも、11年9月3日の巨人戦だ。

 11年はシーズン途中から右肩に違和感を抱えながら、投げ続けていた。チームは中日と優勝争いを繰り広げていたから、簡単に離脱するわけにはいかなかった。しかし、巨人戦でいよいよ右肩が悲鳴を上げた。当初は休めば治ると考えていたものの、実際はけん板を損傷する大ケガ。13年に右肩をクリーニング手術したこともあり、昨年、一軍に復帰するまで5年もの歳月を費やした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る