2位白井が肉薄 40連勝の内村航平“王者陥落”は時間の問題

公開日:  更新日:

 体操のNHK杯で内村航平(28)が9連覇を達成。7連覇が懸かる世界選手権(10月、カナダ・モントリオール)の代表に決まった。ちなみに内村の個人総合の連勝は40となったが、2位で同代表になった白井健三(20)とは僅差だった。

 内村は最終種目の鉄棒を前に、全6種目を終えた白井に14.450差。得意の着地はわずかに動いたが、14.800の得点で逆転。4月の全日本個人総合の得点と合わせて172.900点とし、白井を0.350上回った。

「ようやく健三が個人総合で世界選手権に行ってくれることの方がうれしい」と内村は言ったが、白井は苦手のあん馬では内村に負けたものの昨年より腕をあげている。床、跳馬、平行棒の得点は王者を上回っていた。

 2020年東京五輪ではエースの座は入れ替わっているはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る