内村V10阻止へ 白井健三“出来栄え重視”ルールも追い風に

公開日: 更新日:

 王者交代もありそうだ。

 6日、全日本体操個人総合選手権(7日開幕=東京体育館)の公式練習が行われ、9連覇中の内村航平(28)やリオ五輪団体金メダルメンバーら主力選手が調整した。

 今季から導入される新ルールでは、技の難度(Dスコア)よりも出来栄え(Eスコア)が重視される。今回のルール変更は、技の完成度が高く、演技の美しさに定評がある内村には有利に働くとされる。一方、床と跳馬合わせて自身の名が付いた6個の高難度の技を持つ白井健三(20)には不利とされる。

 そもそも国際体操連盟(FIG)がルール変更に踏み切ったのは、白井の一人勝ちを避ける思惑があったともっぱらだ。

 しかし、FIGの計算は外れるかもしれない。白井は床と跳馬で着地さえ完璧に決めれば、従来通りの高得点(16点台)を狙える演技構成だからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  7. 7

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

  10. 10

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

もっと見る