• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

内村V10阻止へ 白井健三“出来栄え重視”ルールも追い風に

 王者交代もありそうだ。

 6日、全日本体操個人総合選手権(7日開幕=東京体育館)の公式練習が行われ、9連覇中の内村航平(28)やリオ五輪団体金メダルメンバーら主力選手が調整した。

 今季から導入される新ルールでは、技の難度(Dスコア)よりも出来栄え(Eスコア)が重視される。今回のルール変更は、技の完成度が高く、演技の美しさに定評がある内村には有利に働くとされる。一方、床と跳馬合わせて自身の名が付いた6個の高難度の技を持つ白井健三(20)には不利とされる。

 そもそも国際体操連盟(FIG)がルール変更に踏み切ったのは、白井の一人勝ちを避ける思惑があったともっぱらだ。

 しかし、FIGの計算は外れるかもしれない。白井は床と跳馬で着地さえ完璧に決めれば、従来通りの高得点(16点台)を狙える演技構成だからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事