NHK杯9連覇かかる内村航平 世界体操Vは激辛ジャッジが敵

公開日:  更新日:

 体操の世界選手権(10月、カナダ・モントリオール)の代表選考会を兼ねたNHK杯(20~21日)の公式練習が19日に行われ、同大会9連覇がかかる内村航平(28)らが調整した。

 4月の全日本選手権で10連覇を達成した演技内容からも、内村の代表入りはほぼ確実。今大会で優勝すれば、個人総合40連勝となり、世界選手権への弾みとなる。モントリオールでは世界7連覇を目指すことになるわけだが、本番では審判に足を引っ張られかねない。

 体操界では今季から新ルールが適用され、現状ではまだ、各大陸、各国の審判によって採点基準、解釈はマチマチなのだ。現状、ジャッジは欧州では厳しく、日本を含めたアジアは甘いとされている。

 実際、昨夏のリオ五輪個人総合で内村と接戦を演じたオレグ・ベルニャエフ(23=ウクライナ)は、今年4月の欧州選手権で優勝するも、6種目合計は内村が全日本選手権でマークした86.350を下回る85.866点。関係者からは「演技は良かったが、やはり欧州は採点が辛い」との声が出た。単純にスコアだけで判断しても、全日本選手権であれば白井健三(86.100)に次ぐ4位になる。

 内村は今回のNHK杯、全日本選手権予選でミスが出た平行棒の難度を落とすなど安全策で臨む。世界選手権では欧州審判の厳しいチェックに対応できる演技構成が必要になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る