• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界卓球界に衝撃 張本智和の成長を前女子監督はどう見た

 負けはしたが、強敵を本気にさせた。

 2回戦でリオ五輪銅メダルの水谷隼(世界6位)を破るなど快進撃を続けた13歳の張本智和(同69位)は現地4日(日本時間5日未明)に行われた準々決勝で、世界ランク3位でリオ五輪団体金の許キン(中国)に1―4で敗れた。丹羽孝希(同11位)も同2位の樊振東(中国)に1―4で負けた。日本勢は男子シングルスで79年平壌大会金の小野誠治以来のメダルはならなかった。

 張本の相手は中国のトップ3で元世界1位。戦前は完敗も予想された。しかし、第1セットは9―11で落とすも、3―8の劣勢から5連続ポイントで追いつく粘りを見せた。第2セットは終始張本のペース。サーブもよく、フォアのフリックでレシーブエースを奪うなど、そのたびに左手を突き上げ「チョレイ!」の声がこだまする。このセットは一度もリードを許さず11―6で取り返す。第3セットは6―11で取られるが、何度もノータッチでポイントを奪い、無表情の許キンは球を拾う際、険しい表情を見せる。迎えた第4セットの序盤、張本は0―3とリードを許す。そこから徐々にポイントを重ね6―9になったところで、中国はたまらずタイムアウトを要求。直後から、ポイントを取る許キンの声が大きくなり、目の色が変わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る