巨人・鹿取GM 長嶋氏にも盾突いた“いごっそう”エピソード

公開日: 更新日:

「投手起用を巡って、監督に遠慮なく意見を言った。惜しみなく投手を使う長嶋監督に対し、『そんなことをしていたら、シーズン終盤まで投手が持ちません。ダメです、考え直してください!』と面と向かって言っていたからね。当時の投手陣やフロントを感心させたものだよ。02年の原監督就任時にヘッドコーチとして戻ってきて、投手陣を整備していきなり日本一になったが、2学年下の原監督に対しても同じだった。唯一、意見を言い続け、それでも独善を強め始めた原が、投手起用を自身のホームページで発表したりするようになると、『ついていけない。自分がいる意味がない』と2年で退団した」(前出の巨人関係者)

■母親を伴って仲人のお願い

 巨人OBの評論家、高橋善正氏も「筋が通った骨のある男」と言う。高橋氏は高知商の先輩にあたり、鹿取GMが明大から巨人にドラフト外で入団した当時の投手コーチでもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  2. 2

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

  3. 3

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  4. 4

    “好きなジャニーズ2019”山田涼介1位 進む世代交代の行方

  5. 5

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  6. 6

    家賃収入4000万円 “ママチャリ大家”の不動産投資人生<前>

  7. 7

    コウキに続け 花盛りの2世タレントで令和ブレークするのは

  8. 8

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  9. 9

    “おっぱい”丸山氏 次は“出所不明”300万円超の政治資金疑惑

  10. 10

    衝撃の調査結果で再燃 JUMP山田涼介&中島裕翔の不仲説

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る