巨人・鹿取GM 長嶋氏にも盾突いた“いごっそう”エピソード

公開日: 更新日:

「ただ、前GMと新GMが決定的に違うのは、読売のサラリーマンではなく、指導者としても豊富な実績と経験がある元選手ということ。必要以上に上層部の顔色をうかがわずに済むし、球団初のプロ野球経験者のGMとあって、上だって介入しにくい雰囲気にはなるんじゃないか。しかも、鹿取はコーチ時代、長嶋さんにも原にも遠慮なく意見を言った。保身を考えるタイプじゃないからね」

 と、古株の巨人関係者は言う。

 監督に言われるがままに投げまくった現役時代の従順なイメージとは逆に、物事をはっきりと言う性格。97年に現役を引退し、長嶋監督政権下で指導者になると、それが如実に表れた。99年に一軍投手コーチに昇格すると、00年にはチーム防御率を改善して日本一に貢献。にもかかわらず、この年限りでユニホームを脱いだのは、当時の長嶋監督との関係が悪化したからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  3. 3

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  4. 4

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  5. 5

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  6. 6

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  7. 7

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

  8. 8

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  9. 9

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  10. 10

    宇賀なつみも華麗に転身 フジからテレ朝へ女子アナ下克上

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る