水谷が準決勝敗退…五輪までに中国勢2人の尻尾つかめるか

公開日: 更新日:

 まだまだ中国勢の牙城は崩せそうにない。

 卓球のワールドツアー、ジャパンオープン荻村杯最終日の18日、日本のエース水谷隼(28、世界ランク6位)が男子シングルス準決勝で中国の樊振東(20、同2位)に1―4で敗戦。序盤からミスを連発して最初の3ゲームを立て続けに奪われるなど完敗だった。

 試合後の水谷は「第4、5ゲームの感触でやってればチャンスは来る」と話したが、決勝は水谷を破った樊振東が1―4で同じく中国の馬龍(28、同1位)に敗れた。馬龍は先の世界選手権で優勝、樊振東は準優勝だったから、今回も同じ組み合わせの決勝戦だった。

 水谷とトップ2人との実力差は歴然。しかも樊振東はまだ20歳だ。東京五輪までの3年間でこの差を埋めることはできるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  8. 8

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

  9. 9

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  10. 10

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

もっと見る