ベストスコアで肉薄2位 松山が発揮したメンタルの強さ

公開日:

「ビッグスコアを出せれば、あきらめる位置ではない」

 スタート前に松山英樹(25)がにらんだ通りの展開になった。

 最終日は6アンダー14位タイ発進と、トップに立つB・ハーマン(30)とは6打差もあった。それでも“勝機がある”と強気発言が出たのは、メジャー大会は独特の重苦しい雰囲気が漂い、トップを走るプロにもじわじわと重圧がかかり、すんなり逃げ切りとはいかないからだ。

 しかも今年はD・ジョンソン(32)、R・マキロイ(28)、J・デイ(29)の世界ランクトップ3がそろって予選落ち。優勝争いはメジャー未勝利のプロばかりだ。大会4日目になって最も強い風が吹いたのも試合の行方を混沌とさせ、世界ランク4位につける松山のプライドもあったはずだ。最終組から7組前にスタートし、先にスコアをぐんぐん伸ばして後続組にプレッシャーをかけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る