日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

ベストスコアで肉薄2位 松山が発揮したメンタルの強さ

「ビッグスコアを出せれば、あきらめる位置ではない」

 スタート前に松山英樹(25)がにらんだ通りの展開になった。

 最終日は6アンダー14位タイ発進と、トップに立つB・ハーマン(30)とは6打差もあった。それでも“勝機がある”と強気発言が出たのは、メジャー大会は独特の重苦しい雰囲気が漂い、トップを走るプロにもじわじわと重圧がかかり、すんなり逃げ切りとはいかないからだ。

 しかも今年はD・ジョンソン(32)、R・マキロイ(28)、J・デイ(29)の世界ランクトップ3がそろって予選落ち。優勝争いはメジャー未勝利のプロばかりだ。大会4日目になって最も強い風が吹いたのも試合の行方を混沌とさせ、世界ランク4位につける松山のプライドもあったはずだ。最終組から7組前にスタートし、先にスコアをぐんぐん伸ばして後続組にプレッシャーをかけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事