大波乱のウィンブルドン…王者マリー完敗にジョコ棄権

公開日: 更新日:

 テニスの4大大会でまた波乱が起きた。

 ウィンブルドン選手権は12日(現地時間)、男子シングルス準々決勝を行い、世界ランク1位で第1シードのアンディ・マリー(30=英国)がセットカウント1―4でサム・クエリー(29=米国)に敗れた。連覇を狙いながら8強に終わった。

 同4位で第2シードのノバク・ジョコビッチ(30=セルビア)はトマーシュ・ベルディハ(31=チェコ)と対戦したが、第2セット途中に右肘の痛みを訴えて棄権した。これで今大会は世界ランク上位4人が全て姿を消した。

 14日からの準決勝ではマリン・チリッチ(28=クロアチア)とクエリー、ロジャー・フェデラー(35=スイス)とベルディハが顔を合わせる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  6. 6

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  7. 7

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  8. 8

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  9. 9

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

  10. 10

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

もっと見る