大波乱のウィンブルドン…王者マリー完敗にジョコ棄権

公開日:  更新日:

 テニスの4大大会でまた波乱が起きた。

 ウィンブルドン選手権は12日(現地時間)、男子シングルス準々決勝を行い、世界ランク1位で第1シードのアンディ・マリー(30=英国)がセットカウント1―4でサム・クエリー(29=米国)に敗れた。連覇を狙いながら8強に終わった。

 同4位で第2シードのノバク・ジョコビッチ(30=セルビア)はトマーシュ・ベルディハ(31=チェコ)と対戦したが、第2セット途中に右肘の痛みを訴えて棄権した。これで今大会は世界ランク上位4人が全て姿を消した。

 14日からの準決勝ではマリン・チリッチ(28=クロアチア)とクエリー、ロジャー・フェデラー(35=スイス)とベルディハが顔を合わせる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る