最速で世界王座…前途洋々の京口紘人を悩ます“不肖の兄”

公開日:

「浪速のジョー」直伝の左ボディーブローが何発も炸裂した。

 23日、IBFミニマム級の京口紘人(23)が、辰吉丈一郎に並ぶプロ8戦目で世界のベルトを奪取。デビュー1年3カ月で頂点に立つのは日本最速。

 京口自身も辰吉に憧れており、高校時代は大阪帝拳で直々に指導を受けた。辰吉に伝授された左ボディーもあって、この試合前までプロ7戦全勝6KOというハードパンチャーだ。

 この日の相手、王者のホセ・アルグメド(28)は、プロ24戦20勝12KO、一度もダウンを喫したことがないという強豪だったが、京口は9回にその王者から左フックでダウンを奪った。最後は両者フラフラになりながらも、パンチを繰り出す激戦。KOこそ逃したものの、3―0の文句のない判定勝利だった。

 テレビ局が「未来のスター」とあおるのもうなずける熱戦を演じた京口の唯一の懸念が、プロボクサーの兄、竜人の存在だ。かつては「辰吉2世」と呼ばれていたが、弟の試合を直前に控えた今月12日、飲酒運転で衝突事故を起こして逮捕。15年にも一般人を殴って重傷を負わせ、逮捕されている。

 パンチ力に加えて、辰吉を「ジョーちゃん」と呼ぶなど独特のキャラクターもあり、今後の飛躍が期待される京口。ロクデナシの兄に足を引っ張られることにならなきゃいいが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る