最速で世界王座…前途洋々の京口紘人を悩ます“不肖の兄”

公開日: 更新日:

「浪速のジョー」直伝の左ボディーブローが何発も炸裂した。

 23日、IBFミニマム級の京口紘人(23)が、辰吉丈一郎に並ぶプロ8戦目で世界のベルトを奪取。デビュー1年3カ月で頂点に立つのは日本最速。

 京口自身も辰吉に憧れており、高校時代は大阪帝拳で直々に指導を受けた。辰吉に伝授された左ボディーもあって、この試合前までプロ7戦全勝6KOというハードパンチャーだ。

 この日の相手、王者のホセ・アルグメド(28)は、プロ24戦20勝12KO、一度もダウンを喫したことがないという強豪だったが、京口は9回にその王者から左フックでダウンを奪った。最後は両者フラフラになりながらも、パンチを繰り出す激戦。KOこそ逃したものの、3―0の文句のない判定勝利だった。

 テレビ局が「未来のスター」とあおるのもうなずける熱戦を演じた京口の唯一の懸念が、プロボクサーの兄、竜人の存在だ。かつては「辰吉2世」と呼ばれていたが、弟の試合を直前に控えた今月12日、飲酒運転で衝突事故を起こして逮捕。15年にも一般人を殴って重傷を負わせ、逮捕されている。

 パンチ力に加えて、辰吉を「ジョーちゃん」と呼ぶなど独特のキャラクターもあり、今後の飛躍が期待される京口。ロクデナシの兄に足を引っ張られることにならなきゃいいが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

もっと見る