本人は意欲満々も ボクシング村田の再戦は本当にあるの?

公開日: 更新日:

 リベンジマッチは実現するか。

 ボクシングミドル級の村田諒太(31)は5月20日にWBAのベルトを懸けて世界戦を行うも、エンダムに判定負け。不可解なジャッジが物議を醸し、いまだに尾を引いている。

 5日の「とくダネ!」(フジテレビ系)に出演した村田は小倉キャスターに「エンダムと再戦するとしたら?」と聞かれるや、「チャンスがあれば、走ってでも殴りにいく」とキッパリ。問題は再戦がかなうかどうか、だ。

 WBAのメンドーサ会長は判定に激怒。WBAの公式ツイッターで疑惑の判定を下したジャッジ2人を6カ月の資格停止処分とし、再戦を指示した。

 スポーツライターの織田淳太郎氏が言う。

「ヘタな採点や、おかしな判定を下したジャッジは『アイツはダメだ』とウワサになり、次第に干されて使われなくなるもの。それをわざわざ資格停止にし、処分を公表するなど通常ではありえません。おそらく、WBAの会長が村田の所属する帝拳ジムの本田会長の顔色をうかがったのではないか。本田会長は世界でも有数のプロモーターのひとり。認定団体の会長とは力関係が違いますからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る