本人は意欲満々も ボクシング村田の再戦は本当にあるの?

公開日: 更新日:

 リベンジマッチは実現するか。

 ボクシングミドル級の村田諒太(31)は5月20日にWBAのベルトを懸けて世界戦を行うも、エンダムに判定負け。不可解なジャッジが物議を醸し、いまだに尾を引いている。

 5日の「とくダネ!」(フジテレビ系)に出演した村田は小倉キャスターに「エンダムと再戦するとしたら?」と聞かれるや、「チャンスがあれば、走ってでも殴りにいく」とキッパリ。問題は再戦がかなうかどうか、だ。

 WBAのメンドーサ会長は判定に激怒。WBAの公式ツイッターで疑惑の判定を下したジャッジ2人を6カ月の資格停止処分とし、再戦を指示した。

 スポーツライターの織田淳太郎氏が言う。

「ヘタな採点や、おかしな判定を下したジャッジは『アイツはダメだ』とウワサになり、次第に干されて使われなくなるもの。それをわざわざ資格停止にし、処分を公表するなど通常ではありえません。おそらく、WBAの会長が村田の所属する帝拳ジムの本田会長の顔色をうかがったのではないか。本田会長は世界でも有数のプロモーターのひとり。認定団体の会長とは力関係が違いますからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  8. 8

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  9. 9

    五輪開催「感染1日100人以下に」都医師会長が返上アシスト

  10. 10

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

もっと見る