本人は意欲満々も ボクシング村田の再戦は本当にあるの?

公開日:  更新日:

 リベンジマッチは実現するか。

 ボクシングミドル級の村田諒太(31)は5月20日にWBAのベルトを懸けて世界戦を行うも、エンダムに判定負け。不可解なジャッジが物議を醸し、いまだに尾を引いている。

 5日の「とくダネ!」(フジテレビ系)に出演した村田は小倉キャスターに「エンダムと再戦するとしたら?」と聞かれるや、「チャンスがあれば、走ってでも殴りにいく」とキッパリ。問題は再戦がかなうかどうか、だ。

 WBAのメンドーサ会長は判定に激怒。WBAの公式ツイッターで疑惑の判定を下したジャッジ2人を6カ月の資格停止処分とし、再戦を指示した。

 スポーツライターの織田淳太郎氏が言う。

「ヘタな採点や、おかしな判定を下したジャッジは『アイツはダメだ』とウワサになり、次第に干されて使われなくなるもの。それをわざわざ資格停止にし、処分を公表するなど通常ではありえません。おそらく、WBAの会長が村田の所属する帝拳ジムの本田会長の顔色をうかがったのではないか。本田会長は世界でも有数のプロモーターのひとり。認定団体の会長とは力関係が違いますからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る