世界陸上400m連覇 ファンニーケルクの稼ぎと市場価値

公開日: 更新日:

 今大会の注目度はボルトのラストランにも引けを取らないが、ファンニーケルクの市場価値はすでに世界最速男を上回っているという。

 複数の南ア・メディアによれば、同国市場の開拓、拡大を狙う企業の間では、早くからファンニーケルクの争奪戦が展開されてきた。報道によると、15年の世界選手権終了後にはスポーツ用品メーカーが13年総額約221億円でスポンサー契約。1年当たり約17億円で、これはボルトが同業他社から得る約11億円を大きく上回る金額だ。

 世界新をマークしたリオ五輪後には、世界的な企業の関心を集め、大手信販会社や欧州の通信企業、自動車や家電、時計メーカーの計5社が新たにスポンサー企業に加わった。シーズンオフには各企業の販促イベントで世界中を飛び回り、ボルトも顔負けの多忙な日々を送っている。


 昨年は金メダル、世界新合わせて、各企業から総額で約3000万円のボーナスが支給されたといわれる。米経済誌フォーブスによれば、昨年のボルトの年収は賞金を含めて約36億円。ボルトには及ばないものの、ファンニーケルクには約30億円の収入があったとされる。

 ファンニーケルクは陸上界の稼ぎ頭としてもボルトの後継者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  2. 2

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  9. 9

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る