• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハリル日本に朗報 長谷部が5カ月ぶりブンデス公式戦出場

 ドイツ1部フランクフルト所属の日本代表MF長谷部誠(33)が、20日のフライブルク戦に先発フル出場。約5カ月ぶりの公式戦出場となった。

 3月22日に右ヒザを手術した長谷部は直後のUAE、タイ、6月のイラクとのW杯最終予選を欠場。懸命のリハビリを続け、この日が満を持しての戦列復帰だった。 

 ポジションは本職のボランチではなく3DFのセンターに入った長谷部はアグレッシブに動き回り、スコアレスドローで勝ち点1ゲットの原動力となった。「長谷部の復活に日本代表ハリルホジッチ監督は小躍りしているでしょう」と話すのはサッカーダイジェスト元編集長の六川亨氏。

「日本代表では本職のボランチでプレー。守りに徹する時間帯では専守防衛に努め、機を見て敏に持ち味である縦への推進力を発揮する。沈着冷静でチームの精神的支柱としても欠かせない選手です。W杯最終予選の残り2試合(31日のオーストラリア戦、9月5日のサウジアラビア戦)の前に頼れる男が戦線に戻ってきました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る