• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

監督「清宮しかいない」 U18でこそ生きる早実主将の経験

 早実の清宮幸太郎(3年)が、U18W杯(9月1~11日=カナダ)に出場する高校日本代表の主将を務めることが23日、発表された。

 22日から始まった合宿2日目も千葉県内のグラウンドで練習を行い、木製バットを使ったフリー打撃では場外弾を放った。

「2年前もこの大会のために(代表に)入れていただいたようなもの。生かせる絶好の機会があるので、しっかりみんなに伝えて、2年前のチームを思い出しながらチームづくりができれば」と意気込んだ。

 前日の練習初日に小枝監督は三塁の安田(3年=履正社)を一塁へ回すなど、複数の守備のオプションを試したが、清宮は一塁のみ。指揮官は「彼の場合は守りでストレスを感じてほしくないので」と話している。

「チーム全体で『ストレスフリー』を目指す方針の中、代表主将という大きなストレスを担える適任者は清宮しかいない。他の中心野手では、安田、増田(3年=横浜)らは自チームで主将をやっていない。話題の中村(3年=広陵)も一時は主将を任されたものの、今年になって交代させられている。W杯は日本が世界一になったことがない大会。中村を筆頭に、自我の強いメンバーばかりの寄せ集め集団をまとめる主将の役割は大事です」(テレビ局関係者)

 最後の夏の甲子園の話題は中村に持っていかれたが、名門早実を束ねてきたリーダーシップが生きそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  8. 8

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

もっと見る