監督「清宮しかいない」 U18でこそ生きる早実主将の経験

公開日:

 早実の清宮幸太郎(3年)が、U18W杯(9月1~11日=カナダ)に出場する高校日本代表の主将を務めることが23日、発表された。

 22日から始まった合宿2日目も千葉県内のグラウンドで練習を行い、木製バットを使ったフリー打撃では場外弾を放った。

「2年前もこの大会のために(代表に)入れていただいたようなもの。生かせる絶好の機会があるので、しっかりみんなに伝えて、2年前のチームを思い出しながらチームづくりができれば」と意気込んだ。

 前日の練習初日に小枝監督は三塁の安田(3年=履正社)を一塁へ回すなど、複数の守備のオプションを試したが、清宮は一塁のみ。指揮官は「彼の場合は守りでストレスを感じてほしくないので」と話している。

「チーム全体で『ストレスフリー』を目指す方針の中、代表主将という大きなストレスを担える適任者は清宮しかいない。他の中心野手では、安田、増田(3年=横浜)らは自チームで主将をやっていない。話題の中村(3年=広陵)も一時は主将を任されたものの、今年になって交代させられている。W杯は日本が世界一になったことがない大会。中村を筆頭に、自我の強いメンバーばかりの寄せ集め集団をまとめる主将の役割は大事です」(テレビ局関係者)

 最後の夏の甲子園の話題は中村に持っていかれたが、名門早実を束ねてきたリーダーシップが生きそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る