早実清宮から広陵中村へ U18合宿は“主役交代”へ秒読み

公開日:  更新日:

 野球のU18W杯(9月1日開幕=カナダ)に臨む高校日本代表が24日、千葉県内で結団式。主将に指名された早実の清宮幸太郎は、「目標はもちろん世界一。一球一球に気を抜かずにやっていきたい」と決意を語った。

 合宿はすでに22日からスタート。清宮は木製バットで快音を連発しているが、プロ野球スカウトの数はまばらだ。評価が固まっていることも理由のひとつだが、26日には一転して多くのスカウトが球場に顔をそろえるとみられている。その日の練習試合から広陵(広島)の中村奨成が、代表に合流するからだ。

 甲子園記録となる6本塁打を放ち、一躍、今秋ドラフトの目玉候補に浮上。スポーツマスコミはもちろん、ワイドショーも連日のように取り上げているから、中村目当ての取材陣も26日から活気づくのは間違いない。

 清宮が主役でいられるのも今のうちか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る