張本智和が14歳61日で初優勝 ツアー史上最年少記録更新

公開日:  更新日:

 東京五輪の星が歴史を塗り替えた。

 卓球ワールドツアー、チェコ・オープンは27日、男子シングルス決勝を行い、世界ランキング20位の張本智和(14=エリートアカデミー)が、元世界1位(現7位)のティモ・ボル(36=ドイツ)を4―2で破り、初優勝。14歳61日のシングルス優勝は女子の伊藤美誠の14歳152日、男子の于子洋(中国)の16歳30日を更新し、男女を通じてツアー史上最年少記録である。

 張本はベテランのボルを相手に1ゲーム目を先取しながら、その後2ゲームを続けて落とす。しかし、4ゲーム以降は攻撃的なサーブを駆使して相手を翻弄。キャッチフレーズである「チョレイ」の雄叫びが何度も試合会場に響いた。最後は強烈なフォアハンドを決めてベテランを撃破した。

 今年5~6月の世界選手権(ドイツ)では史上最年少13歳で8強入りするなど、成長が止まらない。「東京五輪のシングルスと団体で金メダルを取る」という目標も決して夢物語ではなくなってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る