SNSで動向チェック 男子柔道・井上康生監督の選手管理術

公開日: 更新日:

 15日、男子柔道の日本代表が世界選手権(28日開幕=ブダペスト)に向けた都内での合宿を公開。男女混合団体戦代表2人も含めた11人が約1時間、トレーニングで汗を流した。

 今大会は昨夏のリオ五輪以降、初の国際大会(GS大会除く)。2020年東京五輪を見据えた試金石となるだけに、井上康生監督(39)は「代表が決まってから、ここまでは全体的に仕上がっている、やり残しのないよう、しっかりと調整してブダペストに乗り込みたい。全階級で金メダルを目指していく」と言葉に力を込めた。

 7月下旬から宮崎・延岡で行った約1週間の合宿では、各選手に猛稽古を課した。宿舎近くの寺に出向いて座禅を組むなどし、心身ともに追い込んだ。合宿終了後は1週間の休養を与え、選手の所属団体にはリラックスさせて疲労回復に努めるように要望したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  2. 2

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  3. 3

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  4. 4

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  5. 5

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  6. 6

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  7. 7

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

  8. 8

    石破氏が衝撃発言 改めて震撼する前法相夫妻巡る国家犯罪

  9. 9

    検察庁法改正ではなく刑法185条の罰則規定の具体化が必要

  10. 10

    差別は悪なのに…なくならないのは利用する者もいるからだ

もっと見る