選手に好影響 アジア杯女子バスケV3にHCの“鬼しごき”

公開日: 更新日:

 アジア杯(インド・バンガロール)で3連覇を達成し、18年スペインW杯(旧世界選手権)出場を決めた女子バスケットボール日本代表が31日、凱旋した。

 今大会からオセアニア諸国がアジア枠に加入。世界ランキング4位の豪州を決勝で下しての優勝に吉田亜沙美主将(29)は「目標とする東京五輪でのメダル取りに向けていいスタートが切れた」と振り返った。

 今大会は8強入りしたリオ五輪でもチームを牽引した吉田が膝の故障で準決勝の中国戦、決勝の豪州戦で欠場を余儀なくされた。吉田に代わってポイントガード(PG)に起用された町田瑠唯(24)が、吉田の穴を埋めて試合をコントロール。代表初選出の水島沙紀(26)が3ポイントシュートを量産(決勝で7ゴール)した。東京五輪に向けて抜擢した若手や新顔が期待に応えた。

 町田や水島らが結果を残したのは、リオ五輪後に就任した米国出身のトム・ホーバス・ヘッドコーチ(50)の厳格な指導も一因だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る