• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

選手に好影響 アジア杯女子バスケV3にHCの“鬼しごき”

 アジア杯(インド・バンガロール)で3連覇を達成し、18年スペインW杯(旧世界選手権)出場を決めた女子バスケットボール日本代表が31日、凱旋した。

 今大会からオセアニア諸国がアジア枠に加入。世界ランキング4位の豪州を決勝で下しての優勝に吉田亜沙美主将(29)は「目標とする東京五輪でのメダル取りに向けていいスタートが切れた」と振り返った。

 今大会は8強入りしたリオ五輪でもチームを牽引した吉田が膝の故障で準決勝の中国戦、決勝の豪州戦で欠場を余儀なくされた。吉田に代わってポイントガード(PG)に起用された町田瑠唯(24)が、吉田の穴を埋めて試合をコントロール。代表初選出の水島沙紀(26)が3ポイントシュートを量産(決勝で7ゴール)した。東京五輪に向けて抜擢した若手や新顔が期待に応えた。

 町田や水島らが結果を残したのは、リオ五輪後に就任した米国出身のトム・ホーバス・ヘッドコーチ(50)の厳格な指導も一因だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る