両親とも元トップアスリート U-19代表バスケ美女を直撃

公開日: 更新日:

 母娘2代にわたる五輪出場も夢ではない。大学女子バスケットボール界を代表するパワーフォワード(PF)であり、女子バスケットボールU-19日本代表候補の藤本愛妃(19)の母は元バレーボール日本代表として92年バルセロナ、96年アトランタと2大会連続五輪出場の山内(現藤本)美加さん。父・俊彦さんは90年代にオリックスで捕手としてプレーした元プロ野球選手。妹・愛瑚(桜花学園高3年)もバスケットU-18日本代表候補に名を連ねていて、アスリートの両親を持つサラブレッド姉妹だ。今年8月のユニバーシアード競技大会(台湾・台北)日本代表にも選ばれた藤本を都内で行われたU-19の合宿で直撃した。

――母親と同じバレーボールではなく、なぜバスケットを選んだのか?

「小学校低学年の時、仲の良かった友達から休み時間に人数が足りないからとバスケットボールに誘われたのです。いきなりシュートが決まって楽しかった。家に帰って母に『バレーボールよりもバスケットやりたい』って話したのを覚えています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る