両親とも元トップアスリート U-19代表バスケ美女を直撃

公開日:  更新日:

 母娘2代にわたる五輪出場も夢ではない。大学女子バスケットボール界を代表するパワーフォワード(PF)であり、女子バスケットボールU-19日本代表候補の藤本愛妃(19)の母は元バレーボール日本代表として92年バルセロナ、96年アトランタと2大会連続五輪出場の山内(現藤本)美加さん。父・俊彦さんは90年代にオリックスで捕手としてプレーした元プロ野球選手。妹・愛瑚(桜花学園高3年)もバスケットU-18日本代表候補に名を連ねていて、アスリートの両親を持つサラブレッド姉妹だ。今年8月のユニバーシアード競技大会(台湾・台北)日本代表にも選ばれた藤本を都内で行われたU-19の合宿で直撃した。

――母親と同じバレーボールではなく、なぜバスケットを選んだのか?

「小学校低学年の時、仲の良かった友達から休み時間に人数が足りないからとバスケットボールに誘われたのです。いきなりシュートが決まって楽しかった。家に帰って母に『バレーボールよりもバスケットやりたい』って話したのを覚えています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る