• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

両親とも元トップアスリート U-19代表バスケ美女を直撃

 母娘2代にわたる五輪出場も夢ではない。大学女子バスケットボール界を代表するパワーフォワード(PF)であり、女子バスケットボールU-19日本代表候補の藤本愛妃(19)の母は元バレーボール日本代表として92年バルセロナ、96年アトランタと2大会連続五輪出場の山内(現藤本)美加さん。父・俊彦さんは90年代にオリックスで捕手としてプレーした元プロ野球選手。妹・愛瑚(桜花学園高3年)もバスケットU-18日本代表候補に名を連ねていて、アスリートの両親を持つサラブレッド姉妹だ。今年8月のユニバーシアード競技大会(台湾・台北)日本代表にも選ばれた藤本を都内で行われたU-19の合宿で直撃した。

――母親と同じバレーボールではなく、なぜバスケットを選んだのか?

「小学校低学年の時、仲の良かった友達から休み時間に人数が足りないからとバスケットボールに誘われたのです。いきなりシュートが決まって楽しかった。家に帰って母に『バレーボールよりもバスケットやりたい』って話したのを覚えています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る