虎指揮官の目も薄く…ロッテ監督に掛布雅之氏が急浮上

公開日: 更新日:

 13日の西武戦を前にロッテの伊東監督(54)が今季限りでの辞任を表明。一部では来季続投も報じられていたが、自ら「連日報道されていることで間違ったことが伝わっている」と口火を切り、「これだけ負け続けている。随分早い段階から決めていた」と説明した。

 チームは借金35の最下位に低迷。投打ともにボロボロでチーム再建は待ったなしだ。山室球団社長は次期監督について白紙を強調しつつ、「OBにはこだわらない。シーズン終了までにはメドを付けたい」とした。

 さる放送局関係者は、「後任候補は今季限りで現役を引退する井口資仁(42)、ロッテでプレー経験がある現韓国ロッテ一軍コーチのフランコ(58)、落合英二一軍投手コーチ(48)らの名前が聞こえてくるが、井口は解説者に内定しているという話もあります。外部招聘ならば、地元千葉出身の阪神・掛布雅之二軍監督(62)も候補に浮上するでしょう」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  2. 2

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  3. 3

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  4. 4

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  7. 7

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る