• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

好条件を蹴って日ハム残留 “北の鉄腕”宮西が10年目の偉業

「北の鉄腕」が大記録を成し遂げた。

 26日のオリックス戦で、日本ハムの宮西(32)が1点リードの八回に登板。走者2人を背負うも、この回を無失点で切り抜けた。

 この日で宮西はルーキーイヤーの2008年から、10年連続50試合登板という記録を達成。15年連続50試合の岩瀬(中日)に続く、球界2人目の偉業となった。

 関西学院大学から、07年大学・社会人ドラフト3巡目でプロ入り。14年に国内FA権を取得すると、在阪球団の阪神とオリックスからラブコールを送られた。

「結局、FA宣言せずに残留。年俸1億8000万円プラス出来高の2年契約を結んだ。実は阪神、オリックスが検討していた条件は日ハムのそれを上回るものだったらしい。それでも環境などを考慮した結果、移籍をやめたようです」(球団OB)

 ヒーローインタビューでは「10年間、チームのためにという思いで、投げていた」と話した宮西。岩瀬超えはあるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る