好条件を蹴って日ハム残留 “北の鉄腕”宮西が10年目の偉業

公開日:

「北の鉄腕」が大記録を成し遂げた。

 26日のオリックス戦で、日本ハムの宮西(32)が1点リードの八回に登板。走者2人を背負うも、この回を無失点で切り抜けた。

 この日で宮西はルーキーイヤーの2008年から、10年連続50試合登板という記録を達成。15年連続50試合の岩瀬(中日)に続く、球界2人目の偉業となった。

 関西学院大学から、07年大学・社会人ドラフト3巡目でプロ入り。14年に国内FA権を取得すると、在阪球団の阪神とオリックスからラブコールを送られた。

「結局、FA宣言せずに残留。年俸1億8000万円プラス出来高の2年契約を結んだ。実は阪神、オリックスが検討していた条件は日ハムのそれを上回るものだったらしい。それでも環境などを考慮した結果、移籍をやめたようです」(球団OB)

 ヒーローインタビューでは「10年間、チームのためにという思いで、投げていた」と話した宮西。岩瀬超えはあるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る