好条件を蹴って日ハム残留 “北の鉄腕”宮西が10年目の偉業

公開日: 更新日:

「北の鉄腕」が大記録を成し遂げた。

 26日のオリックス戦で、日本ハムの宮西(32)が1点リードの八回に登板。走者2人を背負うも、この回を無失点で切り抜けた。

 この日で宮西はルーキーイヤーの2008年から、10年連続50試合登板という記録を達成。15年連続50試合の岩瀬(中日)に続く、球界2人目の偉業となった。

 関西学院大学から、07年大学・社会人ドラフト3巡目でプロ入り。14年に国内FA権を取得すると、在阪球団の阪神とオリックスからラブコールを送られた。

「結局、FA宣言せずに残留。年俸1億8000万円プラス出来高の2年契約を結んだ。実は阪神、オリックスが検討していた条件は日ハムのそれを上回るものだったらしい。それでも環境などを考慮した結果、移籍をやめたようです」(球団OB)

 ヒーローインタビューでは「10年間、チームのためにという思いで、投げていた」と話した宮西。岩瀬超えはあるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  7. 7

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る