安倍昌彦
著者のコラム一覧
安倍昌彦スポーツライター

1955年、宮城県生まれ。早大卒。アマ時代に捕手としてプレーした経験を生かし、ドラフト候補のボールを実際に受けて取材するスタイルを確立。通称「流しのブルペン捕手」。自身が責任編集を務める雑誌「野球人」を始め、著書、寄稿は多数。

NTT東日本・西村天裕はボールの破壊力抜群のリリーバー

公開日:

 社会人球界では<1位候補>が何人もいるが、NTT東日本の剛腕・西村天裕(24)もその1人だろう。

 帝京大では青柳晃洋(現・阪神)との2本柱で“奮投”し<候補>にも挙げられていたが、ドラフト直前のリーグ戦での守備機会で転倒して左ヒザ前十字靱帯損傷。社会人に進んで2年、満を持してのドラフトに臨む。

 投げるボールの破壊力なら、間違いなく社会人屈指。リリーフの短いイニングで投げ込む150キロ前後の速球と、速球以上のスピードの腕の振りからのスプリットはプロでも空振りの三振が奪える球威とみる。

 この2年間、リリーフでの投球が多かっただけに、まだチームの<屋台骨>を背負って、先発ローテーションで1年間投げ通した実績はない。一度、そうしたプレッシャーを感じながらの<エース体験>をしてからでも……とも思うが、故障が心配な「パワーピッチャータイプ」。求められているうちに……そんなふうにも思う。

 今季、<終盤の3人>が崩れてから苦戦が始まった楽天、中日、ロッテあたりは欲しいのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る