安倍昌彦
著者のコラム一覧
安倍昌彦スポーツライター

1955年、宮城県生まれ。早大卒。アマ時代に捕手としてプレーした経験を生かし、ドラフト候補のボールを実際に受けて取材するスタイルを確立。通称「流しのブルペン捕手」。自身が責任編集を務める雑誌「野球人」を始め、著書、寄稿は多数。

NTT東日本・西村天裕はボールの破壊力抜群のリリーバー

公開日:

 社会人球界では<1位候補>が何人もいるが、NTT東日本の剛腕・西村天裕(24)もその1人だろう。

 帝京大では青柳晃洋(現・阪神)との2本柱で“奮投”し<候補>にも挙げられていたが、ドラフト直前のリーグ戦での守備機会で転倒して左ヒザ前十字靱帯損傷。社会人に進んで2年、満を持してのドラフトに臨む。

 投げるボールの破壊力なら、間違いなく社会人屈指。リリーフの短いイニングで投げ込む150キロ前後の速球と、速球以上のスピードの腕の振りからのスプリットはプロでも空振りの三振が奪える球威とみる。

 この2年間、リリーフでの投球が多かっただけに、まだチームの<屋台骨>を背負って、先発ローテーションで1年間投げ通した実績はない。一度、そうしたプレッシャーを感じながらの<エース体験>をしてからでも……とも思うが、故障が心配な「パワーピッチャータイプ」。求められているうちに……そんなふうにも思う。

 今季、<終盤の3人>が崩れてから苦戦が始まった楽天、中日、ロッテあたりは欲しいのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る