安倍昌彦
著者のコラム一覧
安倍昌彦スポーツライター

1955年、宮城県生まれ。早大卒。アマ時代に捕手としてプレーした経験を生かし、ドラフト候補のボールを実際に受けて取材するスタイルを確立。通称「流しのブルペン捕手」。自身が責任編集を務める雑誌「野球人」を始め、著書、寄稿は多数。

NTT東日本・西村天裕はボールの破壊力抜群のリリーバー

公開日: 更新日:

 社会人球界では<1位候補>が何人もいるが、NTT東日本の剛腕・西村天裕(24)もその1人だろう。

 帝京大では青柳晃洋(現・阪神)との2本柱で“奮投”し<候補>にも挙げられていたが、ドラフト直前のリーグ戦での守備機会で転倒して左ヒザ前十字靱帯損傷。社会人に進んで2年、満を持してのドラフトに臨む。

 投げるボールの破壊力なら、間違いなく社会人屈指。リリーフの短いイニングで投げ込む150キロ前後の速球と、速球以上のスピードの腕の振りからのスプリットはプロでも空振りの三振が奪える球威とみる。

 この2年間、リリーフでの投球が多かっただけに、まだチームの<屋台骨>を背負って、先発ローテーションで1年間投げ通した実績はない。一度、そうしたプレッシャーを感じながらの<エース体験>をしてからでも……とも思うが、故障が心配な「パワーピッチャータイプ」。求められているうちに……そんなふうにも思う。

 今季、<終盤の3人>が崩れてから苦戦が始まった楽天、中日、ロッテあたりは欲しいのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  4. 4

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  5. 5

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  6. 6

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  7. 7

    「プライムニュース」1年で終了 フジ"夜の顔"にミタパン

  8. 8

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  9. 9

    朝ドラ「まんぷく」絶好調で 安藤サクラはCM出演料が2倍に

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る