• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
安倍昌彦
著者のコラム一覧
安倍昌彦スポーツライター

1955年、宮城県生まれ。早大卒。アマ時代に捕手としてプレーした経験を生かし、ドラフト候補のボールを実際に受けて取材するスタイルを確立。通称「流しのブルペン捕手」。自身が責任編集を務める雑誌「野球人」を始め、著書、寄稿は多数。

立命館大・東克樹は“ミニ雄星” 速球の質はすでにプロ仕様

 立命館大の左腕・東克樹(21)は「ミニ・雄星(西武)」だ。170センチと小柄でも、キレとパワーと精度を兼備して、今年の2シーズン、リーグでは<無敵>の快投を繰り返している。

 愛工大名電高当時はそんなに騒がれなかったが、大学の4年間で順調に成長。今春リーグ戦で、関西大を17奪三振ノーヒットノーランしてから評価も成績も急上昇している。

 左腕の140キロ台後半なら体感速度は150キロ台。学生野球では<難攻不落>だ。そのうえ、最終回でも余裕で150キロを超えるスピードをマークするスタミナも備えて、140キロ台前半でも振り遅れの空振り三振を奪える速球の質は立派にプロ仕様だ。夏の国際大会でもエース格で“奮投”して、一段と評価を上げたが、プロを考えたら、スライダー、カットボール、チェンジアップを交えた緩急をもうひと勉強。

 ここ1年半ほど、コンスタントに実力を発揮している安定感は信頼できる。左腕が欲しいオリックス、広島、楽天なら<1位入札>も考えられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  5. 5

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る