安倍昌彦
著者のコラム一覧
安倍昌彦スポーツライター

1955年、宮城県生まれ。早大卒。アマ時代に捕手としてプレーした経験を生かし、ドラフト候補のボールを実際に受けて取材するスタイルを確立。通称「流しのブルペン捕手」。自身が責任編集を務める雑誌「野球人」を始め、著書、寄稿は多数。

立命館大・東克樹は“ミニ雄星” 速球の質はすでにプロ仕様

公開日:  更新日:

 立命館大の左腕・東克樹(21)は「ミニ・雄星(西武)」だ。170センチと小柄でも、キレとパワーと精度を兼備して、今年の2シーズン、リーグでは<無敵>の快投を繰り返している。

 愛工大名電高当時はそんなに騒がれなかったが、大学の4年間で順調に成長。今春リーグ戦で、関西大を17奪三振ノーヒットノーランしてから評価も成績も急上昇している。

 左腕の140キロ台後半なら体感速度は150キロ台。学生野球では<難攻不落>だ。そのうえ、最終回でも余裕で150キロを超えるスピードをマークするスタミナも備えて、140キロ台前半でも振り遅れの空振り三振を奪える速球の質は立派にプロ仕様だ。夏の国際大会でもエース格で“奮投”して、一段と評価を上げたが、プロを考えたら、スライダー、カットボール、チェンジアップを交えた緩急をもうひと勉強。

 ここ1年半ほど、コンスタントに実力を発揮している安定感は信頼できる。左腕が欲しいオリックス、広島、楽天なら<1位入札>も考えられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る