瀬古強化リーダー さいたま国際欠場多数に“大ボケ苦言”

公開日:  更新日:

 今さら何を言ってるのか。

 日本陸連は17日、11月12日号砲のさいたま国際マラソンの招待選手を発表。国内からは岩出玲亜(22)、吉田香織(36)の2人。海外選手は、前回優勝者で8月の世界陸上4位のチェイエチ・ダニエル(ケニア)ら6人が招待された。

 この大会は来年のアジア大会(ジャカルタ)の代表選考会を兼ねているだけでなく、規定の順位、時計をクリアすれば2020年東京五輪代表を決めるグランドチャンピオン(GC)レースの出場権も得られる。

 陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは、「(さいたま国際は)1月の大阪国際や3月の名古屋よりも、設定タイムが1分遅くなっている。(みんな)何で出ないのか聞いてみたい」と言ったが、その理由を知らないはずがない。

 さいたま国際のすぐ後(11月26日)には、全日本実業団対抗女子駅伝が行われる。日刊ゲンダイで連載中の「マラソンを叱る!」(帖佐寛章・陸連顧問)でも明らかになったように「実業団は駅伝が第一」と指導者たちは認めている。かつて陸連強化委員長を務めた帖佐氏でさえ「さいたま国際の2週間後に、実業団にとって大事な駅伝があれば僕だって(選手を)出さない」と言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る