瀬古強化リーダー さいたま国際欠場多数に“大ボケ苦言”

公開日: 更新日:

 今さら何を言ってるのか。

 日本陸連は17日、11月12日号砲のさいたま国際マラソンの招待選手を発表。国内からは岩出玲亜(22)、吉田香織(36)の2人。海外選手は、前回優勝者で8月の世界陸上4位のチェイエチ・ダニエル(ケニア)ら6人が招待された。

 この大会は来年のアジア大会(ジャカルタ)の代表選考会を兼ねているだけでなく、規定の順位、時計をクリアすれば2020年東京五輪代表を決めるグランドチャンピオン(GC)レースの出場権も得られる。

 陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは、「(さいたま国際は)1月の大阪国際や3月の名古屋よりも、設定タイムが1分遅くなっている。(みんな)何で出ないのか聞いてみたい」と言ったが、その理由を知らないはずがない。

 さいたま国際のすぐ後(11月26日)には、全日本実業団対抗女子駅伝が行われる。日刊ゲンダイで連載中の「マラソンを叱る!」(帖佐寛章・陸連顧問)でも明らかになったように「実業団は駅伝が第一」と指導者たちは認めている。かつて陸連強化委員長を務めた帖佐氏でさえ「さいたま国際の2週間後に、実業団にとって大事な駅伝があれば僕だって(選手を)出さない」と言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る