瀬古強化リーダー さいたま国際欠場多数に“大ボケ苦言”

公開日:  更新日:

 今さら何を言ってるのか。

 日本陸連は17日、11月12日号砲のさいたま国際マラソンの招待選手を発表。国内からは岩出玲亜(22)、吉田香織(36)の2人。海外選手は、前回優勝者で8月の世界陸上4位のチェイエチ・ダニエル(ケニア)ら6人が招待された。

 この大会は来年のアジア大会(ジャカルタ)の代表選考会を兼ねているだけでなく、規定の順位、時計をクリアすれば2020年東京五輪代表を決めるグランドチャンピオン(GC)レースの出場権も得られる。

 陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは、「(さいたま国際は)1月の大阪国際や3月の名古屋よりも、設定タイムが1分遅くなっている。(みんな)何で出ないのか聞いてみたい」と言ったが、その理由を知らないはずがない。

 さいたま国際のすぐ後(11月26日)には、全日本実業団対抗女子駅伝が行われる。日刊ゲンダイで連載中の「マラソンを叱る!」(帖佐寛章・陸連顧問)でも明らかになったように「実業団は駅伝が第一」と指導者たちは認めている。かつて陸連強化委員長を務めた帖佐氏でさえ「さいたま国際の2週間後に、実業団にとって大事な駅伝があれば僕だって(選手を)出さない」と言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る