瀬古強化リーダー さいたま国際欠場多数に“大ボケ苦言”

公開日: 更新日:

 今さら何を言ってるのか。

 日本陸連は17日、11月12日号砲のさいたま国際マラソンの招待選手を発表。国内からは岩出玲亜(22)、吉田香織(36)の2人。海外選手は、前回優勝者で8月の世界陸上4位のチェイエチ・ダニエル(ケニア)ら6人が招待された。

 この大会は来年のアジア大会(ジャカルタ)の代表選考会を兼ねているだけでなく、規定の順位、時計をクリアすれば2020年東京五輪代表を決めるグランドチャンピオン(GC)レースの出場権も得られる。

 陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは、「(さいたま国際は)1月の大阪国際や3月の名古屋よりも、設定タイムが1分遅くなっている。(みんな)何で出ないのか聞いてみたい」と言ったが、その理由を知らないはずがない。

 さいたま国際のすぐ後(11月26日)には、全日本実業団対抗女子駅伝が行われる。日刊ゲンダイで連載中の「マラソンを叱る!」(帖佐寛章・陸連顧問)でも明らかになったように「実業団は駅伝が第一」と指導者たちは認めている。かつて陸連強化委員長を務めた帖佐氏でさえ「さいたま国際の2週間後に、実業団にとって大事な駅伝があれば僕だって(選手を)出さない」と言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る