日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

貴ノ岩への暴行謝罪し休場も…横綱・日馬富士は廃業必至

 大相撲の横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜部屋)が10月の秋巡業中、幕内貴ノ岩(27=貴乃花部屋)を暴行したとされる一部報道を受け、14日、福岡県太宰府市の部屋宿舎で行われた朝稽古後、「貴ノ岩のけがについて、貴乃花親方、貴乃花部屋の後援会の皆さま、相撲協会、部屋の親方に大変ご迷惑を掛けたことを深くおわび申し上げます」と述べ、暴行を認めた。これを受けて日本相撲協会は緊急会合を開き、対応を協議した。

 14日のスポーツニッポンによると、日馬富士は10月26日、鳥取巡業の打ち出し後、後輩のモンゴル出身力士を集め宴席を持った。酔っぱらった日馬富士が貴ノ岩に絡み、近くにあったビール瓶で思い切り殴打した。

 貴ノ岩は今月5日から9日まで福岡市内の病院に入院。師匠の貴乃花親方が日本相撲協会に「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いで全治2週間」との診断書を提出し、休場した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事