大谷がエンゼルス入団へ 代理人「最高の支援を得られる」

公開日:

 二刀流の新天地が決まった。

 日本ハムからポスティングシステム(入札)制度での大リーグ移籍を目指していた大谷翔平(23)がエンゼルスと合意した。

 代理人を務めるネズ・バレロ氏は8日(日本時間9日未明)に声明を発表し、「最終的に大谷がエンゼルスとの強い縁を感じた。彼が目標とするMLBでプレーするために最高の支援が得られると信じている」と球団選択の理由を説明した。

 ア・リーグ西地区所属のエンゼルスは、世界一1回、地区優勝9回を誇る。過去には長谷川滋利、松井秀喜、高橋尚成が所属した。02年に球団史上初の世界一に導いたマイク・ソーシア監督は最優秀監督賞を2度受賞しており、名将として知られる。

 チーム公式サイトは大谷の起用法に関して「先発ローテーションに入り、週に数回はDHを任される」としている。9日(同10日)にも本拠地エンゼルスタジアムで入団会見が行われる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  7. 7

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

もっと見る