生島淳氏も期待 神奈川大20年ぶりV“立役者”鈴木の強み

公開日: 更新日:

 神奈川大が、昨5日の全日本大学駅伝(熱田神宮西門前~伊勢神宮内宮宇治橋前。8区間=106.8キロ)を連覇した1997年大会以来、20年ぶりに制覇した。殊勲者は、東海大と17秒差の2位でタスキを受け取った最終8区の鈴木健吾(4年=宇和島東高)。2キロすぎで逆転すると独走態勢を築き、威風堂々の走りを見せてゴールのテープを切った。

 レース後、テレビ解説の瀬古利彦・日本陸連マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは、上機嫌で「いい走りだった。これから2年でマラソンの体にして東京五輪の星になって。君に期待しているよ」と話し掛け、まだフルマラソンの経験がなく、大言壮語しないタイプの鈴木は「あっ、はい、ありがとうございます」と苦笑いだった。

■周囲に惑わされない走り

 ともあれ鈴木は8月の台湾・台北のユニバーシアードのハーフマラソンで銅メダルを獲得するなど、有望株であるのは間違いない。瀬古リーダーの言うように「東京五輪の星」を期待していいのだろうか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  9. 9

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  10. 10

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

もっと見る