トンガ戦スタメン ラグビー代表・姫野和樹を名将が高評価

公開日:

 ラグビー日本代表がフランスに遠征する「リポビタンDツアー2017」のトンガ代表戦が18日(日本時間19日未明)に行われる。

 16日には登録選手23人が発表され、4日の豪州代表戦で初キャップを得たFL姫野和樹(23)がスタメンに名を連ねた。

 本職はLO。187センチ、108キロと世界では身長2メートル超えが珍しくないLOにしては小柄だが、先の豪州戦では強豪相手に密集での強さを発揮。相手ボールを奪う「ジャッカル」を披露し、後半のロスタイムにはタックルをかわして代表初トライを決めた。

 LOながら豊富な運動量を誇り、ジェイミー・ジョセフHCは「こちらの期待以上の仕事をしてくれる」と高く評価している。

 愛知の強豪・春日丘高から帝京大に進み、4年時には入学前から続く8連覇達成に貢献。今春入社したトヨタ自動車では、ルーキーながら異例の主将を任された。トヨタを率いる07年W杯で南アを優勝に導いた名将ジェイク・ホワイト監督の「責任感とキャプテンシーを与え、世界で通用する選手に育てる」との方針からだ。

 今季のトップリーグでは9試合に出場して5トライ。トンガ戦では豪州戦に続いて世界にアピールできるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る