今年も2位 東洋大・酒井監督が語った青学大との大きな差

公開日:

 5分の壁は厚い。

 4年ぶり6度目の往路優勝を果たした東洋大は3日の復路6区で青山学院大にあっけなく抜かれ、最終的には約5分の差をつけられ総合2位。青学の4連覇を阻むことはできなかった。

「今回は単純に力負け。(青学に)ジャブじゃなく、ストレートをもらった感じ」

 レース後、報道陣にそう語った酒井俊幸監督(41)に、改めて青学の壁は高いかと直撃すると、「そうですね」と険しい表情でこう続けた。

「やっぱり選手層の差ですね。青学さんは代わり(補欠)の選手が来ても強い。東洋は選手層を構築していかないと勝負できない。向こうは“穴区間”がないんですよ。今回、(青学は)1年生が出てない。今回の林くん(7区)や橋間くん(10区)みたいに、過去に出ていなかった下級生が力をつけて来年走る可能性も高い。試しに1年を使うんじゃなく、すべてが勝負区間。そこが大きな差です。もちろん優勝を狙ったチームづくりはしますが、そう簡単にはいかないと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る