• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

テニス協会とは“水と油” 伊達公子がツアーコーチになる日

「現時点でコーチになるという考えは自分の中では生まれてきていない」

 20日、日本外国特派員協会で引退について語った女子テニスの伊達公子(46)。「コーチのタフさ、難しさは分かっています。自分が言葉にして伝える側になる場合、自分自身も勉強が必要になる」と話す一方で、「今、日本の柱に錦織圭がいますが、一時的なものではなく、もっと長いスパンで、本当の意味でテニスというスポーツが定着してどの時代にもテニスが大きな位置付けになるために、もっと施設やソフトの部分で充実させることに関わっていきたい」とも語った。

 1996年に引退するも、2008年に37歳で現役復帰したレジェンド。日本テニス界のシンボル的存在だけに、「施設やソフトの充実」に関わりたいなら協会入りの選択肢も浮上しそうだが、「組織への加入は難しい」とスポーツライターの武田薫氏がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事