• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

テニス協会とは“水と油” 伊達公子がツアーコーチになる日

「現時点でコーチになるという考えは自分の中では生まれてきていない」

 20日、日本外国特派員協会で引退について語った女子テニスの伊達公子(46)。「コーチのタフさ、難しさは分かっています。自分が言葉にして伝える側になる場合、自分自身も勉強が必要になる」と話す一方で、「今、日本の柱に錦織圭がいますが、一時的なものではなく、もっと長いスパンで、本当の意味でテニスというスポーツが定着してどの時代にもテニスが大きな位置付けになるために、もっと施設やソフトの部分で充実させることに関わっていきたい」とも語った。

 1996年に引退するも、2008年に37歳で現役復帰したレジェンド。日本テニス界のシンボル的存在だけに、「施設やソフトの充実」に関わりたいなら協会入りの選択肢も浮上しそうだが、「組織への加入は難しい」とスポーツライターの武田薫氏がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  6. 6

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  9. 9

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  10. 10

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

もっと見る