谷原、宮里、小平、片岡…日本勢は最終日に何人残れるか

公開日: 更新日:

【ISPS HANDAワールドスーパー6パース】

 豪州ツアー、アジアンツアー、欧州ツアーとの3ツアー共催大会。

 昨年、谷原秀人(39)がマスターズ出場に大きく前進するターニングポイントになった試合で知られる。今年は日本人プロ4人が出場して、宮里優作(37)が通算4アンダー14位タイ、小平智(28)は通算3アンダー21位タイ、片岡大育(29)は通算2アンダー30位タイ、谷原は通算イーブンパー57位タイで全員が予選を突破した。

 しかし、通常大会と違い、4日間プレーできる保証はない。

「スポーツの世界では野球の大リーグでも試合時間を短縮するために、敬遠する場合は一球も投げずに申告制にするなど時短にさまざまな制度を導入しています。だらだらと試合が続けばファンに飽きられてしまうという危機感があるからです。それはゴルフでも同じです。世界的にゴルフ人口が減っているのは、ゴルフは時間がかかりすぎるという理由からです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  8. 8

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る