平昌の熱狂で加速 東京五輪「メダル量産」ムードへの不安

公開日:

「メダル量産」の機運に流されてはいけない。

 25日に閉幕した平昌五輪。日本選手団は、金4、銀5、銅4の過去最多となる13個のメダルを獲得。スピードスケート女子500メートルの小平奈緒(31)や女子チームパシュートの高木菜那(25)、美帆(23)姉妹の金メダルの滑り、日本勢では史上初の銅メダルを手にした女子カーリングのチームプレーなどに国民は沸いた。

 山下泰裕選手団副団長が、「たすきは確実に2020年東京五輪に受け継がれた。この勢いを大事にして全力を傾けたい」と、自国開催の五輪に向けて強化への意気込みを語った通り、日本オリンピック委員会(JOC)は東京五輪で、世界3位に相当する金33個(過去最多は1964年東京と04年アテネの16個)のメダル獲得を目標に掲げている。

 それを大義名分に税金の取り分を毎年増やしている。16年度のスポーツ関連予算は02年度当初から200億円も増額され324億円となり、今年度は340億円と過去最高だ。選手強化やコーチの配置などを支援する競技力向上事業も、前年度から4億円アップし96億円まで増えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る