平昌の熱狂で加速 東京五輪「メダル量産」ムードへの不安

公開日:

「メダル量産」の機運に流されてはいけない。

 25日に閉幕した平昌五輪。日本選手団は、金4、銀5、銅4の過去最多となる13個のメダルを獲得。スピードスケート女子500メートルの小平奈緒(31)や女子チームパシュートの高木菜那(25)、美帆(23)姉妹の金メダルの滑り、日本勢では史上初の銅メダルを手にした女子カーリングのチームプレーなどに国民は沸いた。

 山下泰裕選手団副団長が、「たすきは確実に2020年東京五輪に受け継がれた。この勢いを大事にして全力を傾けたい」と、自国開催の五輪に向けて強化への意気込みを語った通り、日本オリンピック委員会(JOC)は東京五輪で、世界3位に相当する金33個(過去最多は1964年東京と04年アテネの16個)のメダル獲得を目標に掲げている。

 それを大義名分に税金の取り分を毎年増やしている。16年度のスポーツ関連予算は02年度当初から200億円も増額され324億円となり、今年度は340億円と過去最高だ。選手強化やコーチの配置などを支援する競技力向上事業も、前年度から4億円アップし96億円まで増えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る