• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

平昌の熱狂で加速 東京五輪「メダル量産」ムードへの不安

「メダル量産」の機運に流されてはいけない。

 25日に閉幕した平昌五輪。日本選手団は、金4、銀5、銅4の過去最多となる13個のメダルを獲得。スピードスケート女子500メートルの小平奈緒(31)や女子チームパシュートの高木菜那(25)、美帆(23)姉妹の金メダルの滑り、日本勢では史上初の銅メダルを手にした女子カーリングのチームプレーなどに国民は沸いた。

 山下泰裕選手団副団長が、「たすきは確実に2020年東京五輪に受け継がれた。この勢いを大事にして全力を傾けたい」と、自国開催の五輪に向けて強化への意気込みを語った通り、日本オリンピック委員会(JOC)は東京五輪で、世界3位に相当する金33個(過去最多は1964年東京と04年アテネの16個)のメダル獲得を目標に掲げている。

 それを大義名分に税金の取り分を毎年増やしている。16年度のスポーツ関連予算は02年度当初から200億円も増額され324億円となり、今年度は340億円と過去最高だ。選手強化やコーチの配置などを支援する競技力向上事業も、前年度から4億円アップし96億円まで増えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る