• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

設楽が日本記録更新で困った 瀬古リーダーの「持論」崩壊

「きっと複雑な気持ちだと思いますよ」

 ある実業団の陸上部OBがこう言ったのは、25日の東京マラソンで、設楽悠太(26)が2時間6分11秒の時計で16年ぶりに日本記録を更新したことだ。陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(61)は、設楽の記録を「16年ぶりですから、こんなめでたい話はない。これで一気に東京オリンピックに弾みがついた」と大喜びだったが、確かに胸中は「複雑」かもしれない。

 瀬古リーダーは早大、エスビー食品時代、中村清監督(故人)の厳しい練習に耐え、福岡国際V4を達成。幻の80年モスクワ五輪や84年ロス五輪の代表にもなり、ボストン(81、87年)、シカゴ(86年)、ロンドンマラソン(86年)も制したことがある。

 冒頭のOBが言う。

「当時の瀬古さんは中村監督の下で、本当によく走った。40キロの後に2000メートルや5000メートルを3、4本走る。それからインターバルでスピード強化もやっていたはずです。70キロや80キロを走れば、フルマラソン(42.195キロ)は短く感じるという人ですからね。中村監督仕込みのハードな練習で強くなったという成功体験がある。だからQちゃん(高橋尚子=45)が大好きなんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る