設楽が日本記録更新で困った 瀬古リーダーの「持論」崩壊

公開日:

「きっと複雑な気持ちだと思いますよ」

 ある実業団の陸上部OBがこう言ったのは、25日の東京マラソンで、設楽悠太(26)が2時間6分11秒の時計で16年ぶりに日本記録を更新したことだ。陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(61)は、設楽の記録を「16年ぶりですから、こんなめでたい話はない。これで一気に東京オリンピックに弾みがついた」と大喜びだったが、確かに胸中は「複雑」かもしれない。

 瀬古リーダーは早大、エスビー食品時代、中村清監督(故人)の厳しい練習に耐え、福岡国際V4を達成。幻の80年モスクワ五輪や84年ロス五輪の代表にもなり、ボストン(81、87年)、シカゴ(86年)、ロンドンマラソン(86年)も制したことがある。

 冒頭のOBが言う。

「当時の瀬古さんは中村監督の下で、本当によく走った。40キロの後に2000メートルや5000メートルを3、4本走る。それからインターバルでスピード強化もやっていたはずです。70キロや80キロを走れば、フルマラソン(42.195キロ)は短く感じるという人ですからね。中村監督仕込みのハードな練習で強くなったという成功体験がある。だからQちゃん(高橋尚子=45)が大好きなんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る