改めて証明された 高梨沙羅の五輪銅は“最高のピーキング”

公開日: 更新日:

 平昌五輪500メートルで念願の金メダルを手にした女子スピードスケートの小平奈緒(31)。1000メートルでも銀メダルを獲得し日本中を沸かせたが、直後の世界スプリント選手権(中国・長春)最終日は、体調不良により最後の1000メートルを棄権。日本勢初の総合2連覇を逃した。

 一方、五輪後のW杯でも表彰台のトップに立てないのが女子ジャンプの高梨沙羅(21)だ。歴代単独最多のW杯通算54勝を目前にしながら、今季の最高成績は2位(3位5回)。五輪で銅メダルを首にブラ下げた後の2大会(ルーマニア・ルシュノブ)も7位、4位。五輪前最後の大会から数えて、3戦連続で3位以内を逃すのは自己ワーストだ。

 ルーマニアでの2大会は、平昌五輪金のルンビ(23=ノルウェー)と銀のアルトハウス(21=ドイツ)がそれぞれワンツーフィニッシュ。ここでも実力の違いを見せつけたわけだが、今季通算8勝のルンビは3試合を残し、2季連続で高梨が守ってきた個人総合優勝の座に初めてついた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  2. 2

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  3. 3

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  4. 4

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  5. 5

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  6. 6

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  7. 7

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  8. 8

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  9. 9

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  10. 10

    令和最初の倒産はどこ 市場が警戒「危ない会社」予備軍

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る