改めて証明された 高梨沙羅の五輪銅は“最高のピーキング”

公開日:

 平昌五輪500メートルで念願の金メダルを手にした女子スピードスケートの小平奈緒(31)。1000メートルでも銀メダルを獲得し日本中を沸かせたが、直後の世界スプリント選手権(中国・長春)最終日は、体調不良により最後の1000メートルを棄権。日本勢初の総合2連覇を逃した。

 一方、五輪後のW杯でも表彰台のトップに立てないのが女子ジャンプの高梨沙羅(21)だ。歴代単独最多のW杯通算54勝を目前にしながら、今季の最高成績は2位(3位5回)。五輪で銅メダルを首にブラ下げた後の2大会(ルーマニア・ルシュノブ)も7位、4位。五輪前最後の大会から数えて、3戦連続で3位以内を逃すのは自己ワーストだ。

 ルーマニアでの2大会は、平昌五輪金のルンビ(23=ノルウェー)と銀のアルトハウス(21=ドイツ)がそれぞれワンツーフィニッシュ。ここでも実力の違いを見せつけたわけだが、今季通算8勝のルンビは3試合を残し、2季連続で高梨が守ってきた個人総合優勝の座に初めてついた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る