マレット型からピン型でV 鈴木愛は日替わりパター大正解

公開日:

【Tポイントレディス 最終日】

 初日が天候不良のため中止になり、36ホールに短縮された今大会。首位発進の鈴木愛(23)が69で回り、通算8アンダーまでスコアを伸ばしてツアー通算6勝目を挙げた。

 今季開幕戦は1位発進の最終日に73と崩れて3位。前週はプレーオフに敗れて2位となり2戦続けてトップ3。3戦目で勝利をつかみ、賞金レースでも前週の3位からトップに躍り出た。

 鈴木は前日にマレット型パターを使用して27パット、この日はピン型パターで26パットだった。米ツアーでは松山英樹がマレット型やピン型などパターを替えてプレーすることが多い。プロがパターをチェンジする時は、どんな理由なのか。

「ショートパットを外さなければ勝機があるというゲームプランに重点を置いて試合に臨み、それでピン型を選んだのでしょう」とパット名手で知られる田原紘プロがこう解説する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る