• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マレット型からピン型でV 鈴木愛は日替わりパター大正解

【Tポイントレディス 最終日】

 初日が天候不良のため中止になり、36ホールに短縮された今大会。首位発進の鈴木愛(23)が69で回り、通算8アンダーまでスコアを伸ばしてツアー通算6勝目を挙げた。

 今季開幕戦は1位発進の最終日に73と崩れて3位。前週はプレーオフに敗れて2位となり2戦続けてトップ3。3戦目で勝利をつかみ、賞金レースでも前週の3位からトップに躍り出た。

 鈴木は前日にマレット型パターを使用して27パット、この日はピン型パターで26パットだった。米ツアーでは松山英樹がマレット型やピン型などパターを替えてプレーすることが多い。プロがパターをチェンジする時は、どんな理由なのか。

「ショートパットを外さなければ勝機があるというゲームプランに重点を置いて試合に臨み、それでピン型を選んだのでしょう」とパット名手で知られる田原紘プロがこう解説する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る