マレット型からピン型でV 鈴木愛は日替わりパター大正解

公開日:

【Tポイントレディス 最終日】

 初日が天候不良のため中止になり、36ホールに短縮された今大会。首位発進の鈴木愛(23)が69で回り、通算8アンダーまでスコアを伸ばしてツアー通算6勝目を挙げた。

 今季開幕戦は1位発進の最終日に73と崩れて3位。前週はプレーオフに敗れて2位となり2戦続けてトップ3。3戦目で勝利をつかみ、賞金レースでも前週の3位からトップに躍り出た。

 鈴木は前日にマレット型パターを使用して27パット、この日はピン型パターで26パットだった。米ツアーでは松山英樹がマレット型やピン型などパターを替えてプレーすることが多い。プロがパターをチェンジする時は、どんな理由なのか。

「ショートパットを外さなければ勝機があるというゲームプランに重点を置いて試合に臨み、それでピン型を選んだのでしょう」とパット名手で知られる田原紘プロがこう解説する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

もっと見る