初戦から韓国プロV 強化掲げる女子プロ協会の体たらく

公開日:

【ダイキンオーキッドレディス】

「優勝を目指してきたわけじゃないけど、2ラウンドが終わってもしかして(勝てる)可能性があるかなと思いました」

 逆転勝利でツアー通算3勝目を挙げたイ・ミニョン(25)の余裕たっぷりのコメントだ。最終日は首位と3打差5位タイ発進。6バーディー、ノーボギーのベストスコア66で回り、通算11アンダーまで伸ばした。

「試合は日本人プロが優勝に絡まずに韓国人プロがワン・ツー・フィニッシュ。初戦から“また今年も同じか”と感じたファンも多かったでしょう。解説の小田美岐プロが大会が3日間に短縮されて、(中止になった)土曜日に試合が行われていたら展開が変わったかもしれないと指摘していましたが、日本女子プロゴルフ協会はなぜちゃんと72ホールを消化させようと努力しないのか、不思議でならない」(評論家の宮崎紘一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る