初戦から韓国プロV 強化掲げる女子プロ協会の体たらく

公開日:

【ダイキンオーキッドレディス】

「優勝を目指してきたわけじゃないけど、2ラウンドが終わってもしかして(勝てる)可能性があるかなと思いました」

 逆転勝利でツアー通算3勝目を挙げたイ・ミニョン(25)の余裕たっぷりのコメントだ。最終日は首位と3打差5位タイ発進。6バーディー、ノーボギーのベストスコア66で回り、通算11アンダーまで伸ばした。

「試合は日本人プロが優勝に絡まずに韓国人プロがワン・ツー・フィニッシュ。初戦から“また今年も同じか”と感じたファンも多かったでしょう。解説の小田美岐プロが大会が3日間に短縮されて、(中止になった)土曜日に試合が行われていたら展開が変わったかもしれないと指摘していましたが、日本女子プロゴルフ協会はなぜちゃんと72ホールを消化させようと努力しないのか、不思議でならない」(評論家の宮崎紘一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る