• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女王・鈴木愛はグリーン回り警戒 入念にアプローチ練習

【Tポイントレディス】

 初日は午前中に最大瞬間風速18メートルの突風が吹いてグリーン上のボールが動いてしまい、天候不良のため中止。大会は36ホールに短縮されることになった。

 会場はアップダウンがきつく、そのうえグリーンも大きなアンジュレーションがあって厄介だ。

 昨年の賞金女王・鈴木愛(23)が「ボギーを覚悟しなければいけないコース」と言ったのも、落としどころによってはグリーンからボールがこぼれてしまうからだ。

 この時季は芝がまだ生えそろわず、会場のグリーン回りは水はけが悪いためライも悪く、アプローチが厳しい。

 風のやんだ午後になると、鈴木はユーティリティー(UT)クラブで、グリーン回りからのアプローチ練習に汗を流した。

 クラブデザイナー・高橋治氏が「UTでのアプローチは賢い選択」とこう解説する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事