「2020年問題」を懸念 北島康介が見据えるメダル量産の先

公開日:  更新日:

 北島節が炸裂した。

 19日、五輪2大会連続2冠の北島康介(35)が体育会所属の学生に向けた就職活動イベントに出席。2004年アテネ五輪で100メートル、200メートル平泳ぎの金メダルを含む3つのメダルを獲得した21歳の頃を振り返り、「僕もみなさんと同じ年代のときは五輪で金メダルを取ることしか考えていなかった」と切り出すと、こう続けた。

「でも、2回目(08年北京五輪)に金を取ったとき、このままじゃダメだと。金メダルをぶらさげて一生、生きていきたくないと思った。だから米国に渡って、自分がやりたいことをやれる環境をつくろうと思った」

 北島の現役引退後、萩野公介や瀬戸大也ら後進の活躍が続き、水泳の競技人口は飛躍的に上昇。2年後の東京五輪でもメダル量産が期待される。その一方で、東京五輪後に日本のスポーツ熱が一気に冷め、アスリートへの強化や支援が薄れる可能性も指摘されている。14年から東京都水泳協会の理事も務める北島は、その懸念を認めた上でこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る