• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高梨沙羅が3つ目認定 日の丸飛行隊“ギネス8項目”の価値

 日本ジャンプ陣が新たな勲章を手にした。

 高梨沙羅(21)が、25日の女子W杯最終戦(ドイツ)で男女を通じて歴代最多の55勝目を挙げ、最多勝記録としてギネス認定された。高梨は2014年に認められた「W杯通算24勝」「個人総合優勝2回」に次いで3つ目のギネス記録。これで、葛西紀明(45)の持つ「W杯最年長優勝記録(42歳176日)」など5つのギネス記録と合わせて、日本ジャンプ陣だけで8項目ものギネス認定を受けている。

 今季の日の丸飛行隊は男女とも振るわず、2月の平昌五輪では高梨の銅メダルが最高。男子は個人、団体とも表彰台に立てなかった。高梨にしても今季のW杯は不振が続き、個人総合の連覇は2でストップ。ライバルのルンビ(ノルウェー)が3月上旬の第12戦で早々と総合優勝を決めており、消化試合の最終戦で記録を達成したに過ぎない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事