肉体改造で“マッチョ”に 今季の池江璃花子はパワーで勝負

公開日: 更新日:

 実際、池江の二の腕は力を入れると、くっきりと筋肉が浮かび上がるほど。泳ぎも力強さを増しているそうで、1月の豪州合宿ではフォームは二の次で、上体の力だけで泳いでも大型の地元選手に競り勝ったそうだ。

 パワフルな泳ぎを身につけて自信になったのだろう。「去年までは調子を落としたらどうしようとか、不安になることもあったけど、今年は気持ちが落ち着いている。練習でも泳ぐのが楽しくなった」と心境の変化も明かした。

 発展途上の女子高生スイマーは、いよいよ世界レベルに達するか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  4. 4

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る